飲食店で売上を上げたいなら集客方法の知識を付けよう

男性

クレカが使える店舗になる

カード

審査とシステム開発

ネットショッピングの普及に伴い、クレジットカード決済への需要は急速に増加しています。通販で商品を取り扱う事業者はもちろん、美容外科やエステサロンなど高額の契約が行なわれる実店舗でも、クレジットカード決済を希望する顧客が多く、導入できればビジネスチャンスの拡大に繋がるでしょう。一般にクレジットカード決済を導入するには、まずクレジットカード会社に申請して審査を受けなければなりません。カードの利用者に対する審査と同様に、事業者に対しても売上高や事業規模などがチェックされ、一定の基準を満たしていなければ導入が認められません。個人事業主には厳しくなりがちで、業種によっても審査を通りにくい場合があります。クレジットカード会社と無事に契約を結べたら、次に独自の決済システムを開発する必要があります。サーバーは高度なセキュリティを備えていなければならず、自前で開発するのは大変なので、専門の会社に外注することも珍しくありません。システムの運用体制が整ったとき、ようやくクレジットカード決済が可能になります。このようにクレジットカード会社と直接契約するのはハードルが高く、開発や運用にも大きなコストがかかるため、近年ではクレジットカード決済の代行会社と契約する個人事業主が増えてきました。代行会社を利用すれば、複数のクレジットカード会社と一括して契約することができ、導入コストも安くなるというメリットがあります。